老眼でアイラインが引けずストレス… アイメイク専用の老眼鏡を購入!

老眼でアイラインが引けずストレス… アイメイク専用の老眼鏡を購入

老眼でアイラインが引けずストレス… アイメイク専用の老眼鏡を購入!

M.Dさん(女性)、40代、専業主婦

40歳を過ぎて老眼に

私は40歳を迎えて、老眼の症状が現れるようになりました。老眼なんて年配の方が悩むことと思い込んでいたので、実際に自分が老眼になるとショックで仕方がありません。老眼は50歳を過ぎた頃から始まるものだと勝手に考えていたので、対策は全く出来ていませんでした。

今考えてみると、私の老眼の症状が早く出てしまった原因は、目に負担をかけ過ぎていたことだと思います。40歳を迎える前はパートで事務員として勤めており、一日中パソコンと睨めっこでした。また、帰宅後もパソコンを使い、お気に入りのDVDを鑑賞することが日課でした。

老眼の症状が出てしまうと今まで普通に出来ていた仕事や趣味などが出来なくなり、本当にストレスが溜まってしまいます。

老眼で一番困ったことはメイクをする時

私が老眼になって一番不便と感じたのは、メイクをする時です。私は目が小さい事がコンプレックスなのでアイメイクはしっかりと行うようにしています。しかし、老眼になってから、アイメイクをする時に視界が霞んでしまうため、以前のようにメイクが出来なくなったのです。

特にアイラインを引く時は一番、困りました。どんなに頑張っても、一直線に引けず、何度もやり直してしまうのでアイメイクをする時間が一気に増えました。思うようにメイクが出来ないことは私にとって大きなストレスで、老眼を理由にメイクすることが億劫になり、スッピンで過ごすことが多くなりました。

老眼がきっかけで自分磨きを怠ってしまうようになり、急に老け込んだような気がします。娘に相談すると、老眼の女性用に作られたアイメイク専用のメガネがネットで購入出来ると教えてもらい、すぐに購入しました。このアイメイク専用の老眼鏡の購入を機に、真剣に老眼と向き合っていくことを決意しました。

眼科に行って老眼鏡を作成

このまま老眼を放置して過ごすのも不便だと感じたので、眼科に行き、しっかりと治療していこうと思いました。眼科ではまず、自分に合った老眼鏡を作ります。老眼鏡は市販でもデザインの凝ったものを売っていますが、自分の眼に合うメガネを手に入れるのなら眼科で作るのが確実です。老眼を治すための老眼レーシック手術も勧められましたが、視力は回復しても実際には老眼は完治しないと聞き、レーシック手術は断りました。

老眼になってから、メガネをつける習慣が出来たことで、新たなオシャレを楽しむことを覚えました。今まで、メイクで誤魔化していた顔立ちですが、メガネを使うことでカバー出来たので、老眼になったことも前向きに捉えれるようになりました。

自分なりの老眼対策を開始

老眼と向き合うといっても、日々の生活に支障が出るばかりでは困ってしまうので対策法も考えました。眼科では老眼トレーニングを教えてもらい、毎日、起床後と就寝前に行うようにしています。トレーニングはとても簡単に行える方法ばかりで、苦痛にはなりません。

また、目の疲れが老眼には一番悪影響だと聞いたので、疲れを感じる日は目を温めるようにしました。レンジで温めたおしぼりを目の上に乗せ、スッキリするまで繰り返し目元を温めるようにしています。この方法は目にも効果的ですが、リラックス効果が抜群なので、ストレス解消にも繋がります。

その他、サプリメントとしてファンケルの「えんきん」を飲み始めました。食生活の改善に加え、サプリも飲むようにすることで、目に良いことをしていると気分的に思えます。こうした改善策を行い始めて、眼が疲れにくくなりました。一度なってしまった老眼はなかなか改善しませんが、嘆いても仕方がないので、自分なりに楽しみながら老眼と向き合うようにしていきます。