アントシアニンを多く含む食品 | 目への効果・効能と食べ物の含有量

アントシアニンを多く含む食品 | 目への効果・効能と食べ物の含有量

アントシアニンを多く含む食品 | 目への効果・効能と食べ物の含有量

目に良い成分として知られる「アントシアニン」。目の疲れや視力回復のほか、「目の老化現象」である老眼の予防など、様々な効果を持っています。アントシアニンの含有量の多い食品としてはブルーベリーが有名ですが、それ以外にも様々な食べ物に含まれています。

今回は、アントシアニンの効果・効能と、多く含む食品についてまとめます。

アントシアニンの効果・効能

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、強い抗酸化作用を持ち、目や身体の老化防止に欠かせない栄養素です。加齢に伴う老眼白内障加齢黄斑変性等の眼病や、視力低下の予防に効果を発揮します。

アントシアニンの目への効果・効能

また、アントシアニンには、血流を促進して目の毛様体筋の緊張をほぐす効果・効能があります。目の酷使による眼精疲労(目疲れ)の症状は、毛様体筋の緊張によるピント調節機能の低下が原因となるため、アントシアニンの摂取による改善が期待できます。

アントシアニンを多く含む食品

アントシアニンの含有量の多い食べ物には、以下のようなものがあります。

ビルベリー

アントシアニンを多く含む食品として近年注目を集めているのが、「ビルベリー」です。ビルベリーの果実には内部まで色素がしっかりと詰まっており、ブルーベリーの5倍ものアントシアニンを含む種類もあります。

アントシアニンを多く含む食品 ビルベリーの含有量

ビルベリーの果実は潰れやすく強い酸味があるため、ジュースやジャムにして食べることがほとんどです。果実自体は日本ではあまり馴染みがありませんが、最近では目のケアのためのサプリメントに多く使用されるようになってきています。

ブルーベリー

目に良い食べ物として真っ先に思い浮かぶのが、この「ブルーベリー」ではないでしょうか。ブルーベリーにもアントシアニンが豊富に含まれているほか、抗酸化作用の高いビタミンCや、血行促進・疲れ目の解消に効果のあるビタミンEなどが含まれています。

ビルベリーに比べて入手が容易で、調理しやすい点も良いところです。

カシス

カシスもアントシアニンを多く含む食品として知られています。

目の角膜や網膜の健康を保つ効果のあるビタミンAや、抗酸化作用の高いビタミンC、ビタミンEなどを豊富に含んでいるため、アンチエイジングにも効果が期待できる食べ物です。

アントシアニンを多く含む食品 カシスの含有量

黒豆

黒豆のつややかな濃い色はアントシアニンによるものです。

黒豆に含まれるアントシアニンは、体内の活性酸素を除去し、体を若々しく保つ効能があります。

ナス

ナスの皮の青紫色は、ナスニンというアントシアニンの一種によるものです。ナスの成分の多くは水分ですが、食物繊維やカリウム等も含まれています。

ぶどう

ぶどうの皮や種子には、アントシアニンやタンニン等のポリフェノールが豊富に含まれており、抗酸化作用の高い食品です。

その他

イチゴやさくらんぼ、紫いもや紫たまねぎ、紫キャベツなどにもアントシアニンは含まれています。総じて、紫や赤などの濃い色をした食べ物が多いことが分かります。

アントシアニンの摂取量・摂取方法

一般に、目の疲労回復に必要なアントシアニンの摂取量は40mg以上が目安とされています。これを効果的に摂取するには、上述した食品を積極的に食べるようにするほか、サプリメントを利用するのが便利です。

アントシアニンの摂取量と食べ物での摂取方法

特にアントシアニンを多く含む食品として紹介したビルベリーは、最近ではサプリメントに多く採用されていますので、目の疲労や視力低下を感じている人は取り入れてみると良いでしょう。

まとめ

今回は、アントシアニンを多く含む食品と、目への効果・効能についてご紹介しました。

アントシアニンには強い抗酸化作用があり、眼精疲労や視力低下、老眼の予防等、様々な効果が期待できます。日々の生活の中に積極的に取り入れ、目の健康を維持するよう心がけていきましょう。