近視&老眼には遠近両用コンタクトが便利! ハードレンズを試した感想

近視&老眼には遠近両用コンタクトが便利! ハードレンズを試した感想

近視&老眼には遠近両用コンタクトが便利! ハードレンズを試した感想

T.Aさん(男性)、40代、会社員

老眼対策を考え始めたきっかけ

私が遠近両用コンタクトレンズと出会ったのは、まったくの偶然でした。それまで使っていたハードコンタクトが古くなってきたので、作り直しにいつもの眼科へ行ったのです。視力検査を行い、遠くの視力は以前と変わりありませんでしたが、近くの見え方が少し悪くなっていることを遠回しに言われました。要するに、あなた老眼ですよ、ということです。ついに来たか、という感じでした。

検査スタッフからは、「一日のうちで近くを見る時間はどのくらいか」「何のために近くを見るか」「肩こりや頭痛などはしないか」「それはどの時間帯に起こるか」などを細かく聞かれました。私は事務職なので、ほぼ一日パソコンに張り付いており、老眼の影響は強く受けます。何かしらの対策が必要になる時期が来たのです。

遠近両用コンタクトレンズとの出会い

スタッフからは、老眼の対策としていくつかの選択肢があることを教えてもらえました。一つは、現在使っているコンタクトレンズの度数を落とすこと。私は近視なので遠くがバッチリ見えるようにレンズを調整していましたが、それをもう少し弱い度数にすれば近くは見えやすくなります。

実際に試したところ、少し度数を落とすと近くの見え方がかなり良くなりました。しかし当然、遠くの見え方は今までより少し悪くなってしまいました。車の運転をすることも多いので、これは避けたいところです。

そうなると、近視用コンタクトの度数は今のままにして、近くを見る時だけ老眼鏡を使うという方法が出てきます。私は普段からコンタクトレンズ一本で過ごしていますから、今さら眼鏡をかけたら老眼鏡だと周囲に丸分かりです。それはそれであまり気が進みません。結局、何かを諦めるしかないのです。苦慮している私に、スタッフは「遠近両用コンタクトレンズ」の存在を告げました。

ハードコンタクトの遠近両用は特に優秀

私は遠近両用眼鏡の存在は知っていましたが、同じものがコンタクトでもあることは初耳でした。

遠近両用コンタクトレンズは、ソフトレンズとハードレンズで構造上の大きな違いがあるのだそうです。簡単に言うと、ソフトの遠近は遠く用と近く用の度数が同時に目に入ってきて、脳が判断して使い分けてくれるタイプ。ハードはレンズの中心が遠く用、周辺部が近く用の度数になっていて、見る角度を変えることで使い分けるタイプなのです。

遠くと近くを切り替えて見る分、見え方の質はハードの方が圧倒的に良く、普通のレンズからの切替の成功率も高いのだそうです。遠近両用の眼鏡もハードと同じような構造なのだとか。

そうなるとぜひ試してみたくなったのですが、気になるお値段は1枚1万5千円ほど。2枚だと3万円ちょっとです。これまでのレンズに比べて値段はかなり高めです。迷いましたが、遠くも近くもよく見えるならば……と、思い切って切り替えることにしました。

慣れれば遠くも近くもスッキリ

幸い、2週間はお試し期間があるということなので、無料で試すことができました。この2週間という期間は、脳が遠近両用の見え方に慣れるまで、最低限必要な期間なのだそうです。

使ってみると、確かに最初は遠くの見え方に違和感がありました。周辺部は近く用の度数が入っているので、遠くを見ている時でもそこが少し瞳孔にかかってしまうためです。また、近くを見る時は少し下目遣いをつなければならないので、多少仕事の時の姿勢を変える必要がありました。

しばらく我慢して使っていると、やがて見え方の違和感は消え、遠くもスッキリ見えるようになりました。もちろん近くの見え方はバッチリですし、夕方の疲労感や肩こりなどもなくなりました。ちょっと高い買い物でしたが、その価値は十分にあったと思います。老眼は年齢に従って進行するので、またいつか調整の必要は出てきますが、その時も遠近両用コンタクトを選択するつもりです。