遠近両用のメガネ・コンタクトレンズを購入 | 見え方と使用した感想

遠近両用のメガネ・コンタクトレンズを購入 | 見え方と使用した感想

遠近両用のメガネ・コンタクトレンズを購入 | 見え方と使用した感想

N.Hさん(女性)、50代、専業主婦

近視と老眼、どう向き合う?

小2で初めてメガネを作り、近眼と闘ってきましたが、50歳を目前に控えたころからはさらに「老眼」という新たな敵が私に襲いかかってきました。今では、一日中手放せないスマホによると思われる乱視も進み、「見る」ということがとても大変です。それでも便利なスマホ、パソコンによる作業等、目の酷使は一向に収まることなく、どう付き合っていくかが現在の最大の課題となっています。

最初に老眼を実感した頃、パソコンの画面を見ることには何の支障もきたしませんでした。しかし、仕事で紙の資料を読んだり書いたりということがとてもしにくくなり、そこで初めて「遠近両用メガネ」を作ろうと決意しました。

その頃には眼が乾き気味で、若い時はどんな長時間でも装着できていたコンタクトレンズがとても疲れるようになり、日々の生活は主にメガネでした。そのため、まずは遠近両用コンタクトではなく、遠近両用メガネを作ろうと考えたのは自然の流れでした。

遠近両用メガネの見え方と感想

言葉では聞いたことがありましたが、自分とは無関係だと思っていた遠近両用メガネです。いよいよ、自分でもそんな物を作りに行くことになりました。どういう仕組みになっているのか、どのような見え方なのかなど全く分からないままお店に行き、店員さんに老眼を知られるのがまだ少し恥ずかしながらの相談でした。

遠近両用メガネは、レンズの下の部分が老眼用、そして真ん中から上は近眼用という、2層のレンズになっていることが分かりました。いくかの価格帯に分かれていて、安いとその見え幅が少ないようで、初めて作る遠近両用メガネは奮発して高いものにしました。奮発してと言っても7万円でおつりが来る程度でしたが、昨今は安い値段の物が主流になっていますので、奮発した気分でした。

遠近両用メガネの独特な見え方には慣れるまでに時間がかかり、苦労する人が多いそうです。その日はセット物で手軽に作るつもりでお店を訪れましたが、日々快適に過ごすためには、最初の1本は高くてもきちんとしたものにしようという思いに変わりました。

実際に作ってみた感想としては、良いレンズだったことがやはり功を奏したのか、全く不自然さはありませんでした。遠近の境なども気にならない、手放せないものになりました。友人は安物を買ったところ使いにくくてダメだったと言っていましたので、初めて遠近両用メガネを購入する場合は、少し頑張っても良いレンズのものをお勧めします。

遠近両用コンタクトレンズにも挑戦

初めて買った遠近両用メガネは便利に、違和感なく使えています。しかし、メガネが邪魔になることや、外さなければいけない状況があります。

例えば私の場合、近眼がひどく、メガネを外すと見えないものですから、特に美容院に行く時にはコンタクトレンズを装着して出かけます。アウトドアの体験でカヤックツアーに出かけた時なども、朝から頑張ってコンタクトレンズにしました。そんな理由から、メガネだけではなく、遠近両用のコンタクトレンズも用意しておきたいと思うようになり、早速作りに行ってみました。

だいぶ前に、一度眼科で遠近両用コンタクトレンズについて尋ねてみた時には、その先生はあまりお勧めできるものではないとおっしゃっていましたが、自分自身の必要性からチャレンジすることにしました。

レンズの作りは、遠視用、近視用と何層かになっているようですので、焦点が定まるまで少し間があるようです。目の焦点が定まれば、近いものもちゃんと見えるようになり、不思議な感じがしました。ただ、遠くを見ると乱視のように二重になるような違和感があり、なかなか目に馴染んでこないため、やや不便です。見え方の制度があまり良くないので、車の運転には支障をきたす感じです。

私の体験では、近いものにはわりと対応でき、遠くを見るにはイマイチという印象でしょうか。その後、乱視が進んだこともあり、老眼の入らない「近視・乱視用のコンタクトレンズ」も作ってみました。サングラスも必要なことが多い車の運転には、そちらを使っています。

楽しみながら試行錯誤中

遠近両用メガネや色々なタイプのコンタクトレンズなど、苦労して様々なことにチャレンジしていますが、結局は自分に合う方法で上手に付き合っていくしかないようです。シーンごとに使い分けるのはお金がかかりますが、とてもおしゃれなメガネが豊富にありますし、きちんとしたレンズを選ぶことにより、より自然で快適な視界を取り戻すことができます。

私は今後も「基本は遠近両用メガネ、シーンによってはコンタクトレンズ」という方法をとっていくつもりです。余裕があれば、遠近両用のきちんとしたレンズでサングラスも作りたいと思っています。

また、コンタクトレンズに関しては、遠近両用をもう少し試してみて、あまり合わない場合は、近視乱視用コンタクトの上からおしゃれなシニアグラスをかける方法もあります。とにかくマイナス面ばかりを考えずに、色々なことを楽しもうという気持ちでいたいと思います。