眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策

眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策

眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策

パソコンや読書など、目を酷使することによって起こる「眼精疲労」。目が痛い・ぼやけるといった症状のほか、頭痛や肩こりなどの全身症状が現れることもあります。

今回は、目の疲れによる症状の原因と対策についてご紹介します。

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状は、目だけに限らず、身体の様々な部位に現れます。代表的な症状としては下記のようなものがあげられます。

  • 目が痛い
  • 異物感がある
  • 頭痛
  • 目がかすむ・ぼやける
  • 目の充血
  • 肩こり
  • 吐き気


眼精疲労の怖い所は、慢性化しやすいという点です。目の疲れによる症状が続くと、ストレスによる自律神経失調や、視力低下、老眼の始まる年齢を早めるなど、様々な悪影響が現れてきます。

特に、普段から長時間のパソコン作業などで目に負担をかける機会の多い人は、「たかが目の疲れ」と考えず、早めの対策をとることが大切です。

眼精疲労の原因

眼精疲労が起こる主な原因は、目の酷使によるものです。特に、長時間にわたって同じ姿勢で近距離のものを凝視している場合には、ピント調節を行う「毛様体筋」が緊張し続ける状態になるため目が疲れやすくなります。

また、ドライアイや近視、乱視、老眼緑内障といった病気が原因となる場合もあります。こうした要因がある場合には、ものを見る際に目にかかる負担が増加するため、眼精疲労を起こしやすい状態になっているといえます。

眼精疲労による頭痛や目が痛い症状の原因

眼精疲労の症状が頭痛や肩こりなど全身に現れるのは、姿勢の悪化やストレスが原因とされています。疲れによって目のピントが合いにくくなると、ものを見るために普段以上に集中力を必要とします。また、見えにくいために無意識に前のめりになったり、不自然な姿勢をとるようになります。こうしたことによる負担が、頭痛などの目以外の症状として現れることになるのです。

特に、スマートフォンなどを操作する際には頭がやや下向きの姿勢になるため、ストレートネック(首の骨が真っ直ぐに伸びた状態)による頭痛や肩こり、めまい、吐き気といった症状が現れやすくなります。

眼精疲労の手軽な対策方法

眼精疲労の手軽な対策方法としては、下記のようなものがあります。

眼精疲労に効くツボ

眼精疲労に効くツボとして、「太陽」「晴明」等のツボがあります。ツボ押しをする時は強く押し過ぎず、3~5秒の指圧を5回ほど繰り返すようにしましょう。

<眼精疲労に効くツボ>

ホットタオル

目の疲れの回復には、ホットタオルが効果的です。片目に絞った濡れタオルを、電子レンジで1分ほど温め、目の上にあてるようにします。

目を温めると血流が促進され、酸素と栄養分が行きわたることで、疲労回復に役立ちます。目を温める専用のグッズも市販されていますので、それらを使用するのもおすすめです。

蒸しタオルで目を温める効果 | ホットタオルで目の疲れを取る方法
蒸しタオルで目を温める効果 | ホットタオルで目の疲れを取る方法
蒸しタオルで目を温める効果 | ホットタオルで目の疲れを取る方法 目の疲れの解消には、「蒸しタオル」が良いとされています。これは、目を温めることに...

眼鏡による視力矯正

近視や乱視などでものが見えにくい場合には、自分の目に合った眼鏡で矯正するようにしましょう。

ものが見えづらいことで頭を前に出すような姿勢になると、頭痛や肩こりの原因となります。適切な視力矯正を行い、最低でも対象から40㎝以上は目を離すようにしましょう。

目の疲れによる頭痛や目が痛い時の対策

こまめな休憩

目の疲れを防止するため、長時間のパソコン作業をするような場合にはこまめに休憩をとるようにしましょう。「目が痛い」「頭痛がする」などの症状が現れる前に、定期的に目を休ませることが大切です。

例えば、30分ごとに5分間の休憩などルールを設け、遠くの景色を見るなどして毛様体筋をリラックスさせてあげるようにしましょう。

サプリメント

目の疲れの回復には、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」や「ルテイン」などの栄養素の補給が効果的です。目の血行を促進し、緊張した毛様体筋をリラックスさせることで、ピント調節機能の回復をサポートしてくれます。

これらを含む代表的な食材はブルーベリーですが、摂取を続けるのが難しいという人もいます。そういった場合には、成分を凝縮したサプリメントも販売されていますので、試してみると良いでしょう。

目薬

目薬を使用する場合には、「ビタミンB12(シアノコバラミン)」を含むものを使用するのがおすすめです。ビタミンB12にはピント調節機能の回復を促す働きがあり、目の疲れ対策に効果的です。

また、目の乾燥(ドライアイ)が気になる場合には「ヒアルロン酸」が配合されたものを選ぶようにすると、目の潤いをキープしてくれます。

眼精疲労の市販薬 | 頭痛や目の疲れに効く飲み薬・目薬・グッズ
眼精疲労の市販薬 | 頭痛や目の疲れに効く飲み薬・目薬・グッズ
眼精疲労の市販薬 | 頭痛や目の疲れに効く飲み薬・目薬・グッズ 年齢による目の老化や、パソコン作業等による辛い「眼精疲労」。ドラッグストアの店頭には、...

ストレッチ

目の疲れによる姿勢の悪化やストレートネックは、頭痛・肩こり等の症状の原因となります。定期的にストレッチを行って血行を促進し、体の凝りを解消するようにしましょう。

ゆっくりと首を回したり、両手を上に上げて身体を伸ばすだけでも効果はありますので、こまめに行うようにしましょう。

目の疲れで頭痛や目が痛い時の眼精疲労対策

画面の照度を下げる

パソコンやスマートフォンを使用する場合には、画面の照度を低く設定しておくと目の疲れの防止に役立ちます。

特に、長時間ディスプレイを眺める環境にいる人にとっては、手軽かつ効果的な対策です。

まとめ

今回は、眼精疲労の症状の原因と対策についてご紹介しました。

目の疲れによる「頭痛」「目が痛い」といった症状は、慢性化すると大きなストレスとなり、精神的にも悪影響を与えるようになります。「たかが目疲れ」と放置せず、早めの対策を心がけるようにしましょう。