白内障の症状・原因と手術による治療 | 年齢に伴う老眼以外の病気

白内障の症状・原因と手術による治療 | 年齢に伴う老眼以外の病気

白内障の症状・原因と手術による治療 | 年齢に伴う老眼以外の病気

年齢に伴い増加する目の問題は「老眼」だけではありません。白内障などの病気も起こりやすくなり、80代になるとほとんどの人に症状がみられるようになります。

今回は、白内障の症状・原因と手術による治療方法についてまとめます。

白内障の症状

白内障とは、加齢等が原因で、目の中のレンズの働きをする「水晶体」が濁ってしまう病気です。症状の度合いには個人差がありますが、主に下記のような症状が現れます。

  • ものが白くかすんで見える
  • 視界が眩しく感じる
  • ものが二重三重に見える
  • 視力が低下する

白内障は目の老化現象のひとつとされ、年齢に伴って多くに人にみられるようになります。中高年が「細かい字が見づらい」と感じると、つい老眼を疑いたくなりますが、白内障の場合には老眼鏡をかけても字は見えづらいままです。

白内障が進行すると、瞳の中央部分の外見が白くなり、人によっては痛みを感じることもあります。

白内障の症状と原因

白内障の原因

白内障の原因は、「水晶体の内部の濁り」です。水晶体はタンパク質、水、ミネラルで構成されていますが、タンパク質が異常変性によって白濁すると、視界が白くかすむ等の症状が現れるようになります。水晶体が濁る原因は、主に加齢で、その他にアトピー、糖尿病、薬の副作用、遺伝的な要因が影響しているケースもあります。

症状の現れ方には個人差があり、高齢になっても症状を感じないという人もいます。ただ、白内障は多くの場合、10年、20年と時間をかけてゆっくりと進行するため、症状を自覚できていないだけのことが多いようです。

白内障の治療・手術

一度濁った水晶体は、二度と元に戻すことはできません。しかし、薬物治療や手術によって、進行の抑制や症状の改善が可能です。

年齢に伴う老眼以外の病気:白内障の原因

薬物治療

白内障の治療における薬物療法は、点眼薬や内服薬によって水晶体のタンパク質の異常変性を抑えます。

これは、症状の悪化を防ぐ目的で行われるもので、病気を根本的に解消するものではありません。また、薬物治療だけで白内障の進行を完全に止めることはできませんので、定期的に検査を受けることが大切です。

手術

症状が進行し、日常生活に支障をきたすような場合には、手術による治療を行うことが可能です。

白内障の手術は、目の中の水晶体を吸引し、代わりに人工の眼内レンズを挿入します。日帰りの手術を行っている病院も多く、入院する場合は、他に病気の無い人であれば2日~4日程度が一般的です。

手術後は、炎症や感染を防ぐため、しっかりと医師の指示に従う必要があります。

健康な目を保つために

今回は、白内障の症状と原因、手術等の治療方法についてご紹介しました。

白内障は年齢に伴って大半の人に起こるものですが、老化を抑えるための生活習慣を心がけることで予防につなげることが可能です。バランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠など、アンチエイジングに取り組み、健康的な目を保つよう心がけていきましょう。