老眼回復トレーニング | 視力回復に効果的な老眼の予防・改善方法

老眼回復トレーニング | 視力回復に効果的な老眼の予防・改善方法

老眼回復トレーニング | 視力回復に効果的な老眼の予防・改善方法

歳をとると、多くの人が悩まされる「老眼」。目のぼやけや霞み、それによる首や肩のこりなど、老眼の症状があると日常生活にさまざまな支障をもたらします。こうした老眼を予防・改善するための手軽な方法として、視力回復トレーニングを行う方法があります。

今回は、老眼に効く視力回復トレーニングについてご紹介します。

視力回復トレーニングの効果

老眼とは、加齢による「目の老化現象」です。眼の水晶体が弾力を失い、ピント調節の働きを持つ毛様体筋が衰えることで、うまくものを見ることができなくなります。

視力回復トレーニングの老眼予防・改善効果

こうした目の老化を防ぐためには、体の他の筋肉と同様、目の筋肉を鍛えておくことが大切です。目の周りには毛様体筋以外にもさまざまな筋肉があり、トレーニングによって総合的に鍛えることで、老眼の予防・改善に効果が期待できます。

また、老眼による視力低下は、姿勢の悪化による首や肩のこり、頭痛などの症状の原因にもなります。目が疲れにくくなると、日常生活もグッと快適になりますので、日頃から継続して目のケアに取り組むようにしていきましょう。

遠近トレーニング

手軽に行えるトレーニングとして、指を使った遠近トレーニングがあります。近くと遠くを交互に繰り返し見ることで、毛様体筋を鍛えると同時に、疲れ目の解消にも役立ちます。

  1. 腕を伸ばした状態で人差し指を上向きに立て、指先を凝視します。
  2. 次に、手の先(できるだけ遠く)にある対象物(木やビルなど)を決め、それを凝視します。
  3. 上記1、2を交互に、20~30セット繰り返します。

8の字トレーニング

眼球を大きく8の字に回す運動も、視力回復に効果的です。毛様体筋の緊張をほぐし、血行を改善することで、目に十分な酸素や栄養が行き渡るようになります。

  1. 顔を動かさず、上下左右に大きく、8の字を描くように眼球を動かします。
  2. 反対周りにも同じように行います。

目の疲れを感じた時に、一日数回行うようにしてください。

視力回復トレーニングで老眼の予防・改善

周辺視野・動体視力トレーニング

老眼の進行に伴い、徐々に視野が狭くなり、動体視力も衰えます。そうした症状の予防や、目のピント機能を改善する方法として、指を使った視力回復トレーニングがあります。

  1. 顔を動かさないようにしながら、腕を伸ばします。
  2. 人差し指で自分の前に大きな円を描き、指先を見つめて動きを目で追います。
  3. 同様に、反対周りにも円を描き、指先を目で追います。

ポイントは、顔を動かさずに眼球の動きだけで指先を追うことです。慣れてきたら、円以外にも、星型などの図形を描いてみるのも良いでしょう。

また、同様の眼球トレーニングができる動画などもあります。

<視力回復トレーニング>

目の開閉トレーニング

毛様体筋や目の周りの眼輪筋を鍛え、目の老化予防に効果を発揮するトレーニングです。

  1. 目をギューッと閉じます。
  2. パッと目を見開き、上方向を見つめます。
  3. 上記1、2を下方向、右方向、左方向にも同様に行います。

手軽に行うことができ、血流の促進にも効果的ですので、目の疲れを感じた時にはこまめに行うようにすると良いでしょう。

総合的な生活習慣の改善を

今回は、老眼の予防・改善に効果的な「視力回復トレーニング」についてご紹介しました。

老眼は加齢に伴う身体の老化現象の一つですので、トレーニングだけでなく、普段からの生活習慣の改善も重要です。食事や運動、規則正しい生活、目に良い栄養素の摂取等、普段から様々な面で、アンチエイジングに取り組むようにしていきましょう。