近視(近眼)と老眼 | 近視の人が老眼になるとどうなる?

近視(近眼)と老眼 | 近視の人が老眼になるとどうなる?

近視(近眼)と老眼 | 近視の人が老眼になるとどうなる?

よく、「近視の人は老眼にならない」「近視になると老眼が治る」といった話を耳にします。確かに、近くが見える近視と、近くが見えない老眼を組み合わせると症状が中和されるイメージがありますが、これは本当でしょうか?

今回は、近視と老眼の症状と、近視の人が老眼になるとどうなるかについて解説します。

近視と老眼の症状

近視と老眼の主な症状は下記の通りです。

近視・近眼と老眼の症状

近視とは

近視とは、一言でいうと「目に入ってくる光の屈折異常」です。目の角膜や水晶体での屈折率に異常があるため、網膜の手前でピントが合ってしまい、「近くは見やすく、遠くは見えにくい」という症状が現れます。

日本人の半数以上が近視だといわれており、遺伝による要因のほか、近くのものを見ることの多い環境も大きな原因となっています。

老眼とは

老眼は、「目の老化によるピント調節機能の低下」です。加齢とともに目の水晶体や毛様体筋が衰えることによって、「近くのものが見えにくい、ぼやける」といった症状がみられます。

体の他の部位と同様に、目も年齢と共に老化していきます。一般に、40代頃から老眼の症状を実感し始める人が多くなります。

老眼とは | 近視の人が老眼になるとどうなる?

近視の人は老眼にならない?

近視と老眼はそれぞれ、「近くが見やすい」「近くが見えにくい」という反対の症状がみられます。したがって、「近視の人は老眼にならない」といわれることがありますが、これは間違いです

上述したように、老眼は加齢による「目の老化」です。したがって、近視・遠視・乱視などの有無に関係なく、誰にでも起こるものです。老眼になりやすいかどうかは、近視などの要因よりもむしろ、それまでの「生活習慣」や「目にどれだけ負担をかけてきたか」といったことの方が直接的な要因となります。

近視の人が老眼になるとどうなる?

近視の人が老眼になると、「遠くのものが見えにくいまま、近くのものも見えにくい」という辛い状態になります。そのため、遠近両用の眼鏡をかけるなどの対策が必要になります。

近視の人が老眼になるとどうなる?

ただし、「近視の人は老眼にならない」ということはなくとも、「老眼に気付きにくい」という部分はあります。近視の人は、目の屈折異常によって近くのものにピントが合いやすいため、老眼が進行していることに気が付きにくいのです。

とはいえ、加齢に伴い老眼は確実に進行していきますので、症状が現れる頃には、上述のように「近くも遠くも見えにくい」という状態になってしまいます。

目をいたわる対策を

今回は、近視(近眼)と老眼の症状と、近視の人が老眼になるとどうなるかについてご紹介しました。

近視と老眼の両方の症状が現れた場合には、遠近両用の眼鏡で対策をする場合が多いですが、累進多焦点レンズ等には独特の違和感があり、完全な対策とはいえません。

日頃から、生活習慣の改善や目に良い栄養素の摂取、目のトレーニングなど、老化を防ぐ対策をとることで、老眼の進行を抑えていくようにすることが大切です。