老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬 おすすめランキング!

老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬 おすすめランキング

老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬 おすすめランキング!

老眼や視力の低下、ドライアイなど、年齢に伴って増えてくる「目の悩み」。そうした原因からくる眼精疲労・疲れ目の手軽な対策として、目薬を活用している人は多いのではないでしょうか。

最近は様々な種類の目薬が販売されていて、いったいどれが効くのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬の中でおすすめのものを、ランキング形式でご紹介します。

【第2類医薬品】スマイル40 プレミアム 15mL

年齢や目の酷使による眼精疲労・疲れ目に効く目薬です。ビタミンA・E・B6、L-アスパラギン酸カリウムなど、10種類の有効成分が配合されており、ピント調節や新陳代謝促進、涙の安定化等の効果を発揮します。

【第2類医薬品】スマイル40 プレミアム 15mL 【第2類医薬品】スマイル40 プレミアム 15mL

ライオン
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る

【効果・効能】

  • 目の疲れ
  • 目のかすみ(目やにの多いときなど)
  • 眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)
  • 結膜充血
  • 目のかゆみ
  • 眼瞼炎(まぶたのただれ)
  • 紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)
  • ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

角膜の代謝機能を高める成分配合で、年齢に伴う目の乾き、眼精疲労・疲れ目の回復に効く目薬です。パンテノール、タウリン、ビタミンB2などの有効成分が、基準内の最大濃度で配合されています。

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL 【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

ロート製薬
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る

【効果・効能】

  • 目のかすみ(目やにの多いときなど)
  • 目の疲れ
  • 結膜充血
  • 目のかゆみ
  • 眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)
  • 眼瞼炎(まぶたのただれ)
  • 紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)
  • ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

涙に近い性質を持った「人口涙液」です。年齢に伴う涙の減少による、乾き目、疲れ目などの症状を改善します。

また、ソフトサンティアはコンタクトレンズに対して影響を及ぼさないため、ソフト・ハードタイプに関わらずコンタクトを着用したまま点眼することが可能です

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4 【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

参天製薬
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る

【効果・効能】

  • ハードコンタクトレンズまたはソフトコンタクトレンズを装着しているときの不快感
  • 涙液の補助(目のかわき)
  • 目の疲れ
  • 目のかすみ(目やにの多いときなど)

【第2類医薬品】サンテ ボーティエ 12mL

疲れ目・眼精疲労に効く目薬です。瞳の代謝を促進するタウリンや、角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウム、目の中の筋肉の疲れを癒すビタミンB12など、5つの成分が配合されています。

【第2類医薬品】サンテ ボーティエ 12mL 【第2類医薬品】サンテ ボーティエ 12mL

参天製薬
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る

【効果・効能】

  • 目の疲れ
  • 結膜充血
  • 目のかすみ(目やにの多いときなど)
  • 目のかゆみ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)
  • 眼瞼炎(まぶたのただれ)
  • 紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)
  • ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

サンテメディカル10は、目の毛様体筋に働きかけ、ピント調節機能の改善や、眼精疲労・疲れ目に効く目薬です。ビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を中心に、5つの成分が配合されています。

【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL 【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

参天製薬
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る

【効果・効能】

  • 目の疲れ
  • 結膜充血
  • 目のかすみ(目やにの多いときなど)
  • 目のかゆみ
  • 眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)
  • 眼瞼炎(まぶたのただれ)
  • 紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)
  • ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

※ 目に溜めておける目薬の量は少なく、一度に多くを点眼したところで目には吸収されません。溢れて目の周りの皮膚が炎症を起こしてしまうこともありますので、説明書の用法・容量を守って正しく使うようにしましょう。