目の焦点が合わない病気 | ピントが合わない症状の原因と予防対策

目の焦点が合わない病気 | ピントが合わない症状の原因と予防対策

目の焦点が合わない病気 | ピントが合わない症状の原因と予防対策

「目の焦点が合わない」「ものがぼやける」といった症状が現れる原因には、様々なものがあります。一時的な目の疲れによるもののほか、失明につながる重い病気の場合もあるため、慎重な判断が必要です。

今回は、目のピントが合わない原因となる病気とその予防対策についてまとめます。

眼精疲労(疲れ目)

パソコンやテレビ、読書など、目を長時間にわたって使っていると、眼精疲労によって目や体にさまざまな症状が現れてきます。

【眼精疲労の代表的な症状】

  • ものがぼやける
  • 目の奥が痛い
  • 頭痛・肩こり
  • 目の焦点が合わない
  • 吐き気

眼精疲労は目の症状だけでなく、頭痛や肩こりなど体の他の部位にも影響が現れやすいのが特徴です。多くは一時的なものですが、目の酷使が続くと慢性化しやすく、普段からパソコンやスマートフォンなどを長時間使うような人は特に注意が必要です。

眼精疲労の原因は目の疲れですから、予防対策としては「こまめに目を休める」「ホットタオルで目を温める(血行を促進する)」「点眼薬を使用する」などの方法があげられます。

眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策
眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策
眼精疲労で頭痛がする・目が痛い! 目の疲れによる症状の原因と対策 パソコンや読書など、目を酷使することによって起こる「眼精疲労」。目が痛い・ぼやけ...

老眼(老視)

中高年の場合、目の焦点が合わないと感じるようになったら老眼(老視)を疑ってみる必要があります。

老眼とは、「目の老化現象」であり、加齢によって目の水晶体や毛様体筋が衰えることで、目のピント調節機能が低下する症状です。

【老眼の代表的な症状】

  • 近くのものが見にくい
  • 小さな文字が読みづらい
  • 夕方など薄暗くなるとものが見えにくい
  • 光を見ると以前よりもまぶしく感じる
老眼の症状チェック | 近くが見えない・目がぼやける時の検査方法
老眼の症状チェック | 近くが見えない・目がぼやける時の検査方法
老眼の症状チェック | 近くが見えない・目がぼやける時の検査方法 加齢に伴い、「近くが見えない」「目がぼやける」などの症状が現れてきた場合には、老眼が...


体の他の部位と同様、目も年齢とともに老化していくため、老眼は誰にでも起こる症状です。

しかし、老眼は日々の生活習慣の改善によって症状の進行を遅らせることが可能です。普段から目の酷使を避けるとともに、食事や運動、規則正しい生活リズムを心がけ、目の老化の予防に取り組むようにしましょう。また、目のトレーニングを行ったり、ブルーベリー等に含まれる抗酸化成分「アントシアニン」の摂取も対策に効果的とされています。

老眼対策サプリメント おすすめランキング
老眼対策サプリメント おすすめランキング
中高年になると多くの人が悩む「老眼」。老眼や目の疲れに効くサプリメントには様々な種類があるため、どれを選べば良いか悩んでしまいがちです。 ここ...

スマホ老眼

パソコンやスマートフォン等、デジタル機器の普及によって、現代人は目を酷使する機会の多い環境にいます。そうした影響から、近年注目を集めているのが「スマホ老眼」という症状です。

目のピントが合わないスマホ老眼の症状と予防対策

スマホ老眼は、名前の通りスマートフォンの長時間使用による目の疲労が原因で、若い人でも老眼に似た症状が現れます。

【老眼の代表的な症状】

  • 目のピントが合わない
  • 小さな文字が読みにくい、ぼやける
  • 頭痛や肩こり、めまい

スマホ老眼は老眼とは別物であり、多くの場合は一時的な症状です。しかし、長期間にわたって目の酷使が続くと、症状が慢性化したり、老眼の始まる年齢を早めることにもつながります。

スマホ老眼の予防対策としては、スマートフォンの設定で「画面照度を下げる(画面を暗くする)」ことなどが有効です。また、こまめに休憩をとるようにしたり、瞬きの回数を意識的に増やすなどの対策も手軽に取り入れられます。

スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策
スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策
スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策 最近、様々なメディアで注目を集めている「スマホ老眼」。スマホの長時間使用によって、...

緑内障

緑内障とは、眼球の内側から外側への圧力の高まりによって視神経が圧迫され、視覚障害が起こる病気です。

初期段階では視野の一部が上手く見えないといった症状から始まり、悪化すると視力低下や失明などにつながります。多くの場合、緑内障は自覚症状がないままゆっくりと進行するため、発見が遅れがちです。加齢も大きな要因とされ、国内での中途失明原因の第一位の病気となっています。

緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気
緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気
緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気 年齢に伴って増加する視覚障害は「老眼」だけではありません。失明の危険性の高い「緑内障」等...

近視・遠視・乱視

目の焦点が合わない原因として特に多いのは、近視、遠視、乱視です。これらはいずれも、角膜や水晶体での光の屈折率の異常が原因となります。

近視

眼球に入ってきた光が網膜の手前でピントが合ってしまっているため、近くが見やすく遠くが見えにくい状態です。

遠視

眼球に入ってきた光が網膜の後方でピントが合ってしまっているため、特に近くが見えにくい状態です。

乱視

角膜の歪みによってピントが合わないため、距離に関係なくものがぼやけて見える状態です。

目の焦点が合わない病気 近視・遠視・老眼

近視の人は近くが見やすいため老眼にならないと誤解されがちですが、これは誤りです。実際には、近視の人が老眼になると「近くも遠くも見にくい」という辛い状態になります。

近視や遠視・乱視によって目の焦点が合わない場合には、メガネ等によって適切な視力矯正を行うことが大切です。度数が合わないものを使用していると、眼精疲労や、姿勢の悪化による肩こり・頭痛の原因になるため注意が必要です。

まとめ

今回は、目の焦点が合わない原因となる病気と予防対策についてご紹介しました。

一時的な目の疲れによる症状の場合も多いですが、放置していると症状の悪化や視力低下にもつながります。目のピントが合わないと感じたら、早めの対策を心がけ、必要に応じて眼科を受診するようにしましょう。