老眼が始まる年齢 | 加齢による視力低下は何歳から?

老眼が始まる年齢 | 加齢による視力低下は何歳から?

老眼が始まる年齢 | 加齢による視力低下は何歳から?

「近くのものが見えにくい」という症状のほか、眼精疲労による頭痛や肩こりなど、様々な面で生活の質を下げてしまう「老眼」。中高年になると多くの人が悩まされる症状ですが、こうした加齢による視力低下は何歳から始まるのでしょうか。

今回は、老眼が始まる年齢と、なりやすい人の特徴についてまとめます。

老眼が始まる年齢

一般に、老眼は40歳を過ぎた頃から始まることが多いとされています。40代半ばから加齢による視力低下を実感し始め、眼科を受診する人が多いようです。

ただし、老眼が始まる年齢は、早い人では30代、遅い人で50代と個人差があります。老眼とは「目の老化」による症状ですから、体の他の部位と同様、人によって老化の度合いは大きく異なるのです。

老眼による視力低下が始まる年齢は何歳から?

代表的な老眼の症状は「近くが見えにくい・ぼやける」というものから、「目が疲れやすい」「夕方など薄暗くなるとものが見えにくい」「眼精疲労による頭痛、肩こり」などがあげられます。

読書やスマートフォンなどを使用する際に、「少し距離を離した方が見やすい」と感じるようであれば、老眼が始まっていると考えた方が良いでしょう。

老眼になりやすい人・なりにくい人

「加齢による目の老化」である老眼が何歳から始まるかは、体の老化と同様、日々の生活習慣によって大きく左右されます。

食事・生活習慣

高脂質・高カロリーの食事や、多量の飲酒、運動不足、睡眠不足、ストレスなどは体の老化を早める原因になります。こうした生活を続けている人は、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病になりやすいですが、同時に「老眼になりやすい人」ともいえます。

目の酷使

老眼が始まる年齢には、「それまでどれだけ目を酷使してきたか」も影響してきます。パソコンやスマホ、テレビ、ゲームなど、目に負担のかかる生活スタイルが定着した近年では、若い人でも老眼の症状に悩むケースが増えてきています。

早い年齢で老眼になりやすい人

最近では、スマートフォンの長時間使用によって老眼に似た症状が現れる「スマホ老眼」という言葉も登場し、社会問題となっています。多くの場合、目をしっかりと休ませることで回復しますが、習慣化してしまうと毛様体筋の衰えにつながり、老眼の始まる年齢を早めます。

近視の人は老眼にならない?

近視」とは、目の屈折率の異常によってピント機能にズレが生じた状態です。近くのものが見えやすく、遠くのものが見えにくくなります。

近くのものが見えやすいことから、よく「近視の人は老眼にならない」などといわれますが、これは間違いです。正確には、近くにピントが合わせやすくなっているため「老眼の進行に気付きにくい」という状態です。

なぜなら、目の屈折率の異常である近視と違い、老眼は加齢による目の老化であり、これは誰にでも訪れるものです。近視の場合、老眼を意識し始める年齢は遅くなることが多いですが、老眼にならないわけではなく、少しずつ進行しているのです。

老眼が始まる年齢は遅くできる

老眼は、生活習慣の改善や日々のトレーニングによって予防・改善することが可能です。

加齢による視力低下が始まる年齢は遅くできる

毛様体筋を初めとした目の筋肉のトレーニングの他、ブルーベリー等の有効成分を多く含む食材の摂取、ツボ押し目を温めることによる血行促進などを積極的に取り入れ、老眼が始まる年齢を遅くしていきましょう。

当サイトでは、老眼回復のための様々な方法をまとめていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

老眼は治る? 食事や視力回復トレーニング等、自分で老眼を治す方法
老眼は治る? 食事や視力回復トレーニング等、自分で老眼を治す方法
老眼は治る? 食事や視力回復トレーニング等、自分で老眼を治す方法 30代の後半になると、徐々に症状を感じる人が増えてくる「老眼」。「一度老眼になると治...

まとめ

今回は、「老眼が始まる年齢」についてご紹介しました。

加齢による視力低下は誰にでも起こるものですが、何歳から始まるかは日々の生活習慣にも大きく影響されます。早めの対策を心がけ、生活の質の低下を防ぐよう努めていきましょう。