老眼鏡の選び方 | 度数、値段、レンズの種類と作る際の注意点

老眼鏡の選び方 | 度数、値段、レンズの種類と作る際の注意点

老眼鏡の選び方 | 度数、値段、レンズの種類と購入時の注意点

加齢に伴い、多くの人が悩まされる「老眼」。「手元にピントが合わない」「細かい文字がぼやける」といった症状が現れてきたら、老眼鏡を本格的に検討し始める必要があるかもしれません。

老眼鏡には様々な種類があるため、それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選択することが大切です。今回は、これから老眼鏡を作る人向けに、老眼鏡の種類と選び方についてまとめます。

老眼鏡の仕組み

老眼とは、加齢に伴う目の老化現象であり、誰にでも現れるものです。目の水晶体が柔軟性を失い、ピント調節を行う毛様体筋が衰えることで、網膜上にうまく対象物を反映させることができなくなり、目の焦点が合わせにくくなります。

老眼鏡の仕組みと度数・値段・レンズの選び方

このピントのズレを矯正するのが老眼鏡です。老眼鏡は凸レンズで屈折率を高め、網膜上でうまくピントが合うようにすることで、ものを見やすくすることができます。

老眼鏡には、大きく分けて「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」があり、それぞれに長所短所があります。自分の老眼の状態や用途に合わせて選ぶようにしましょう。

単焦点レンズ

単焦点レンズとは、近見用の、手元を広く見やすいレンズです。とりあえず、近くのものや小さな文字をよく見えるようにしたいというだけであれば、単焦点レンズを選ぶのが無難です。

後述する多焦点レンズは見え方に独特の歪みがあり、馴染まないという人も多くいます。その点、単焦点レンズは慣れやすく、多焦点レンズに比べて疲れにくいため、初めて老眼鏡を作る人にはおすすめです。

ただし、デメリットとして、遠くのものを見る際には邪魔になりますので、老眼鏡をかけたり外したりする手間がいります。

多焦点レンズ

多焦点レンズとは、一枚のレンズで様々な距離にピントを合わせることができるレンズです。単焦点レンズと違い、離れたものを見るために老眼鏡を外す手間がかかりませんが、見え方に違和感を感じ、なかなか慣れることができないという人もいます。

老眼鏡の多焦点レンズの仕組みと選び方

多焦点レンズは、「2重焦点レンズ」「3重焦点レンズ」「累進多焦点レンズ」などの種類に分けられます。

2重焦点レンズ

2段階の距離にピント合わせることができるレンズです。レンズに境目があり、そこに違和感を感じるという人もいます。

3重焦点レンズ

3段階の距離にピント合わせることができるレンズです。レンズに境目があり、そこに違和感を感じるという人もいます。

累進焦点レンズ

様々な距離にピントを合わせることができるレンズです。レンズに境目はありませんが、見え方に独特の歪みを感じ、慣れるまでに時間がかかります。

老眼鏡のレンズの選び方

上述したように、どの種類のレンズにも長所・短所があります。老眼鏡の選び方で重要なのは、自分の生活スタイルに合ったものを選択することです。

老眼鏡の度数やレンズの選び方

例えば、「仕事で近くのものを長時間見ることが多い」「近くや遠くに頻繁に視線を切り替える必要がある」「老眼鏡をかけたり外したりするのは煩わしい」など、自分が生活する上でどのようなところに重点をおくかを考えながら、用途に合った老眼鏡を選ぶようにしましょう。

老眼鏡の度数・値段

通常の眼鏡同様、老眼鏡を購入する際にも、きちんと度数を図ってから作ることが大切です。自分に合わない度数の老眼鏡を選んでしまうと、眼精疲労や視力低下の原因にもなりますので、必ず眼科やメガネ屋さんで正確な数値を図ってもらうようにしましょう。

老眼鏡の値段は商品によって様々です。100円ショップで買えるものもありますが、やはり専門店などで度数のチェックやアドバイスを受けた上で作るほうが良いでしょう。国内大手の眼鏡屋では、安いもので3,000円~18,000円程の値段で作ることができます。

まとめ

今回は、老眼鏡の選び方についてご紹介しました。

度数やレンズの種類など、老眼鏡を購入する際には自分に合うものを作ることが大切です。同時に、老眼鏡だけに頼らず、普段から目をこまめに休めたり、視力回復トレーニングを行う、目にいい食べ物を積極的に取るなど、老眼の進行を抑える対策をとるよう心がけていきましょう。