仕事中、老眼鏡をかけたりはずしたり… | 遠近両用コンタクトで解決

仕事中、老眼鏡をかけたりはずしたり… | 遠近両用コンタクトで解決

仕事中、老眼鏡をかけたりはずしたり… | 遠近両用コンタクトで解決

T.Mさん(女性)、50代、公務員

ついに自分にも老眼がやって来た

40歳の半ば過ぎ頃から、だんだんと新聞や細かい文字を見るのがきつくなってきました。自分の親もその頃から老眼鏡を使い始めたので、ついに自分にも老眼がやって来たか…と思いました。

気になるのは、同年代の職場の同僚です。特に、細かい文字を読まなければいけない会議中、どんな風に見ているのかをひそかに観察するようになりました。近眼なのにメガネをはずして書類を読む人や、普段はメガネをかけないのに会議の時だけ持参して来る人など、人によって様々です。

30代まではこんなこと全く気にもしなかったのに…。自分もいよいよ歳をとったんだなぁと強く実感するようになりました。

老眼鏡を試してみることに

今は100円均一のお店でも老眼鏡が買えます。自分は近眼のコンタクトを使用していますが、試しに100円で老眼鏡を買って、コンタクトの上から試してみました。最も度の低い+1.00のものをかけてみましたが、少し見え方が「楽」だと思いました。

とはいえ、さすがに安物ではフレームも頼りなく、また自分の適正な度が分からないので、初めて眼鏡屋で老眼鏡を作ることになりました。

近眼のメガネと違って老眼鏡はレンズの凹凸が逆ですので、目が少し大きく見えて結構気に入ってしまいました。しかし、仕事中に老眼鏡をかけたりはずしたりする機会が増え、自分は「老眼」だということが周囲に完全にバレてしまいました。昔は、中高年がメガネをかけたりはずしたりしているのを見ると、「何やってんだろう、かっこ悪いなぁ」としか思っていなかったのですが、自分もその部類に入ってしまったんです。

眼鏡屋で相談。勧められた遠近両用コンタクト

老眼鏡のカッコ悪さというのは、人前でかけたりはずしたりすることにあると思います。一昔前の完全なるおじさんになると、取り外しする必要がないようにレンズが90度上向きになるメガネを愛用している場合が多々ありました。何か読んで発表する時は下を向いてレンズが正常な位置にありますが、人々に向かって話す時にクルッとレンズを上げるため、とその顔がとてもインパクトあり、「ぷっ!」吹き出してしまいます。

今でも自分の周りに約1名おりますが、顔を思い出す時には、やはり90度のレンズを思い浮かべます。まあ、それに比べれば取り外しの老眼鏡の方が大分ましですが、文明の利器はありがたく、「遠近両用コンタクトレンズ」があることを眼鏡屋さんで教えてもらいました。今までの「近眼用コンタクトレンズの上に老眼鏡」は、なんだかダブル使用にちょっと重苦しさを感じていたので、さっそく遠近両用に乗り換えました。

遠近両用コンタクトで気持ちも若く

遠近両用コンタクトのおかげで、50代後半を過ぎましたが、人前では老眼に全く気付かれません。仕事の会議中などは、同年代の老眼鏡取り外しを「ご苦労様」と思って見ております。

しかし、遠近両用コンタクトレンズが万能であるかといえば、そうではありません。値段も3か月分で2万円以上かかります。また、遠くも近くも両方良く見える、なんてことは期待できません。自分の場合、手元の文字を読むことの方が仕事で求められるため、遠くは多少犠牲にして度を合わせています。

また、車の運転について、昼は大丈夫ですが、最も困難なのは高速道路のトンネルに入った瞬間です。暗い場所で遠くに焦点を合わせることが非常に難しいため、そのような場所を運転する場合は、コンタクトでなくて眼鏡をかける必要があります。あるいは遠くに焦点を合わせたコンタクトレンズを特別に入れます。

そういった不便な点もありますが、トータルで考えると遠近両用コンタクトは便利なものです。眼鏡をかけたりはずしたりする手間が軽減されることに加え、周囲に老眼だと気づかれないので気持ちを若く保てるのが、一番のメリットだと感じています。