緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気

緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気

緑内障の症状と原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気

年齢に伴って増加する視覚障害は「老眼」だけではありません。失明の危険性の高い「緑内障」等の目の病気も増えてくるため、定期的に検査を受けることが大切です。

今回は、緑内障の症状と原因、治療方法についてまとめます。

緑内障の症状

緑内障とは、視神経の異常によって、目で見た情報が上手く脳へ伝達されず、視野が狭くなる病気です。

初めは、目の中心を外れた位置に視野の欠損(見えない部分)ができますが、自分では気が付かないことがほとんどです。時間が経つにつれて見えない範囲が広がっていき、さらに放置すると視力低下や失明につながります。

失明につながる目の病気:緑内障の症状

ほとんどの場合、緑内障は自覚症状のないまま進行するため、発見が遅れがちです。40歳以上では20人に1人以上の人が緑内障にかかっているとされ、国内の中途失明の原因の第一位の病気です。

30代半ばを過ぎたら症状がない場合であっても、定期的に眼科での検査を受けることが大切です。

緑内障の原因

緑内障の原因は、眼球の内側から外側への圧力(眼圧)が高まることによる「視神経の圧迫」です。視神経が圧迫されると、目の網膜に映った情報が脳に正常に伝達されず、上述のような症状が起こります。

眼圧が高まる原因は、眼圧をコントロールしている液体(房水)の排出不良です。線維柱体の目詰まりや隅角の狭窄等により、房水が上手く排出されず、目がパンパンに硬くなった状態になります。

緑内障は年齢に伴って増加することが知られており、加齢も大きな原因といわれています。

失明につながる目の病気:緑内障の原因、治療方法 | 失明につながる目の怖い病気

緑内障の治療方法

残念ながら、一度損なわれた視神経は元に戻ることはありません。そのため、緑内障の治療では、眼圧を下げ、症状の進行を抑制することを目指します。治療を行っても進行を止められないケースもありますが、早期に発見して対策をとることができれば失明のリスクは大きく減少します。

緑内障の治療方法には、下記の3通りがあります。

薬物療法

多くの場合、緑内障の治療は薬物療法が中心となります。点眼薬を使用して、眼圧をコントロールする方法のほか、内服薬を使用するケースもあります。

レーザー治療

レーザーで房水の目詰まりを取り除き、排出を改善する方法です。レーザーでの治療は痛みが少なく、外来で行うことができます。

手術

薬物療法やレーザー治療で症状の進行が抑えられない場合には、手術を行うことがあります。

房水の目詰まり箇所を切除して、眼圧の上昇を抑える方法です。

緑内障の手術による治療方法

まとめ

今回は、緑内障の症状と原因、治療方法についてご紹介しました。

緑内障は40歳以上では5%もの人が発症します。失明に至る危険性の大きな病気ですが、初期のうちは自覚症状がなく、かなり進行してから発見されるケースが多いのが怖い所です。

特に30代半ば以降からは、症状がない場合でも眼科での定期的な検査を行い、早期発見に努めることが大切です。