老眼の手術 | 眼内レンズ・CK・老眼レーシック等による治療方法

老眼の手術 | 眼内レンズ・CK・老眼レーシック等による治療方法

老眼の手術 | 眼内レンズ・CK・老眼レーシック等による治療方法

老眼の対策には、老眼鏡や目のトレーニング等だけでなく、手術による治療方法もあります。手術にはいくつかの種類があり、それぞれ効果や特徴が異なります。

今回は、眼内レンズ・CK・老眼レーシック等による老眼の治療方法についてまとめます。

老眼の手術

老眼は目の老化現象であり、治療することはできないと思われがちです。しかし、近年では医療技術の進歩により外科的な治療が可能になってきています。

老眼の手術には、「眼内レンズ」や「アキュフォーカスリング」「CK」「老眼レーシック」などの種類があります。いずれも老眼で見にくくなった目を矯正し、老眼鏡なしで日常生活を過ごすことができる点がメリットです。

人によって向き不向きがありますので、事前に医師と相談の上、自分にあった治療方法を選択することが大切です。

手術による老眼の治療方法

眼内レンズ

眼内レンズを使用することによって老眼を治療する方法があります。

この手術では、目の中の水晶体を摘出して、代わりに眼内レンズを挿入します。眼内レンズには「多焦点レンズ」が用いられ、遠近両方にピントが合うように設計されています。

眼内レンズを挿入することで、近くも遠くも、眼鏡なしである程度見ることができるようになります。また、水晶体の濁りによる白内障の改善にも効果を発揮します。

デメリットとして、手術後の見え方に慣れるまで数か月の時間がかかることがあります。その他、薄暗い場所でものを見る際や、細かい文字を見る時には老眼鏡が必要になることがあります。

アキュフォーカスリング

小さい穴を通して見ることで、ものが見えやすくなる「ピンホール効果」というものがあります。これを応用した「アキュフォーカスリング」という特殊なリングを角膜内に挿入することで、老眼を治療することができます。

この手術を行うと、近くが見やすくなり、半永久的に効果が続きます。

デメリットとして、見え方に慣れるまで数か月の時間がかかることがあります。また、視力が安定しない場合には、手術後にアキュフォーカスリングを取り除かなければならないケースもあります。

眼内レンズやアキュフォーカスレンズ等による老眼の治療方法

CK(伝導性角膜形成術)

CKは、角膜の周辺部に高周波を照射し、組織を収縮させることで形状を変化させて見え方を矯正する手術です。レーザーやメスなどを使わず、角膜中央部に触れることがないため、安全性の高い治療方法とされています。

この手術を行うと、老眼鏡なしでも近距離が見やすくなります。

ただし、手術後は時間の経過とともに効果が弱まり、再手術が必要になることがあります。

老眼レーシック手術

老眼レーシック手術は、レーザーで角膜を削ることで、網膜上でピントを合わせやすくする治療方法です。

左右の目でピントの合わせ方を変える「モノビジョンレーシック」と、角膜を凸状に削って見え方を調整する「遠視レーシック」の2種類があります。

老眼レーシック手術とは | 視力回復の効果と費用、保険適用の有無
老眼レーシック手術とは | 視力回復の効果と費用、保険適用の有無
老眼レーシック手術とは | 視力回復の効果と費用、保険適用の有無 老眼になると、老眼鏡が手放せなくなり、「視力を回復することはできない」というイメージ...


いずれも、老眼鏡なしで近くも遠くもある程度見えるようになります。

ただし、手術後の見え方に慣れるまでには数か月の時間がかかることがあります。また、細かい文字を見る際には老眼鏡が必要になることがあります。

まとめ

今回は、手術による老眼の治療方法についてご紹介しました。

老眼の手術には、眼内レンズ・アキュフォーカスレンズ・CK・レーシック手術等の方法がありますが、それぞれ人によって向き不向きがあります。医師から十分に説明を受け、効果やリスクをしっかりと理解した上で、自分に合った治療を選択するようにしましょう。