スマホ老眼で目が悪くなる?こまめな休憩と目のトレーニングで対策中

スマホ老眼で目が悪くなる?こまめな休憩と目のトレーニングで対策中

スマホ老眼で目が悪くなる?こまめな休憩と目のトレーニングで対策中

M.Mさん(女性)、30代、専業主婦

きっかけはスマホを持ち始めたこと

周りのみんながガラケーからスマホへどんどん変わっていく中、うらやましいと内心思いつつも、専業主婦なこともあり「スマホへ変更したい」とはなかなか夫に言い出すことができず、ガラケーで我慢をしていました。

ただ、長い期間ガラケーを使っていたため故障してしまい、自然と「スマホに変更してみようか」という流れになり、私もついに念願のスマホを手に入れることになったのです。もともとインターネットを始めた時も思いっきりハマりまくり、寝る間も惜しんでネットサーフィンをしていた私。スマホにハマらないはずがありません。

1歳の子を寝かしつけた後に、暗い部屋でスマホ三昧。そんな生活を送っていたある日、近くの小さな字が見えにくいことに気付いたのです。今までは近くで見たら見えていたのに、少し離せば見える…。「まさか老眼!?」と私は焦りました。

原因は「スマホ老眼」

年齢的にも老眼もなくはないことかもしれませんが、スマホの画面を見すぎる度に涙が出ていた私は、「もしかしたらスマホのせい?」と思い、いろいろネットで調べてみることにしました。

すると出るわ出るわ、私と同じような症状。「スマホ老眼」という言葉を知ったのもこの時が初めてでした。スマートフォンの画面を長時間見続けることによって目のピント調節機能が低下し、老眼のような症状が現れてしまうとのこと。スマホは近くで見るものなだけに、目に負担をかけ過ぎてしまうんだとか。

また、スマホの強い光も虹彩筋にとても負担をかけてしまうんだそうです。暗い部屋でスマホを使い過ぎていた私には思い当たることばかりで…ドキリとしました。もともとド近眼な私は、近眼に加えてスマホ老眼なんてイヤ!と思い、なんとかしてこの症状にならない方法を調べ始めました。

こまめに目を休ませ、トレーニングを行う

スマホ老眼の原因は、何といってもスマホの使い過ぎ。しばらく目を休ませるだけで普通は治るみたいですが、慢性化すると目が悪くなることもあるそうです。これ以上近眼になっては困りますので、目への負担を軽減するため、スマホを使用する時はこまめに目を休めるようにしました。

同時に始めたのは、「目のトレーニング」です。調べると色々なトレーニング法が見つかりますが、私が始めたのは、シンプルに「遠くを見て近くを見ること」。窓の外の景色を見て、遠く・近くを交互に見るのを繰り返します。

家の中にいる時でもわざと遠くを見たり近くを見たり、最初は少し目が疲れますが、頑張って繰り返します。そして夜が近づいてきたら星を見ます。難しいことは全然ないので苦にはなりませんでした。繰り返すうちに、少しずつですが、スマホ老眼の症状も現れなくなってきました。

目の大切さを再認識。眼球トレーニングも開始

慣れてきたら顔を動かさずに眼だけをグルグルと動かす、眼球トレーニングも始めました。目もやっぱり筋肉なんですね、「使ってる」感じがすごくします。けれども目を酷使した時の疲れとは違う、心地よさのようなものを感じます。

スマホを買うまでは、まさか自分がスマホ老眼になるなんて考えてもみませんでしたが、あんなに暗い中あんなに小さな画面を長時間凝視していれば目に悪いのも当然だなと、自分のことながら反省しきりです。

目は一生もの、だからこそ大事にしなければいけません。今でもスマホが好きな気持ちは変わりませんので、目が悪くなることがないよう気を付けながら、便利に使っていけたらなと思います。もちろん、目のトレーニングも続けていくつもりです。

インドア派の私は、普段の生活で毛様体筋あまり使いませんからね。きちんとトレーニングして鍛えておきたいと思います。