スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策

スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策

スマホ老眼とは | 実は怖い「目がかすむ・ぼやける」症状と予防対策

最近、様々なメディアで注目を集めている「スマホ老眼」。スマホの長時間使用によって、若い人でも「目がかすむ」「目がぼやける」等といった症状が現れます。

今回は、スマホ老眼の症状・原因と予防対策について解説します。

スマホ老眼とは

スマホ老眼とは、長時間にわたって近距離でディスプレイを見続けることで起こる眼精疲労の症状のことです。目のピントが合わせづらくなり、「目がかすむ」「近くがぼやける」といった老眼に似た症状が現れます。

また、同じ姿勢でスマートフォンを見続けることによって、頭痛や肩こり、めまい、ひどい場合には吐き気といった身体的な症状が現れることも知られています。

目がかすむ・ぼやけるスマホ老眼の症状

スマホ老眼は老眼とは別物であり、多くは一時的な症状です。しかし、そうした目の酷使が続くと、目の老化を進行させて老眼が始まる時期を早めることになります。

スマホ老眼の原因

スマホ老眼は、目の酷使によってピントが合わせづらくなることが原因で起こります。

私たちがものを見る時は、対象との距離に応じて目の「水晶体」とその周りにある「毛様体筋」がピント調節の働きをしています。スマホ等を長時間使用すると、近距離で画面を見続けることになるため、毛様体筋が緊張して固まった状態になります。そのため、ふと目線を移した時にピント調節を上手く行うことができず、老眼に似た症状が現れるのです。

「目の老化」である老眼の場合、水晶体も固くなっていますが、スマホ老眼の場合は違います。そのため、若いうちはこまめに目を休ませることですぐに回復します。

ただし、目の酷使によって老化は確実に進行していますので、パソコンやスマホを長時間使う人は、早期に予防対策をとることが大切です。

目がかすむ・ぼやけるスマホ老眼の原因

スマホ老眼の予防対策

スマホ老眼を予防するための手軽な対策方法として、下記のようなものがあげれます。

画面を暗めに設定する

スマホの設定で画面照度をあらかじめ暗めにしておくと、目にかかる負担を減らすことができます。手軽で効果も大きいため、目の疲れを感じている人は画面を暗めにしておきましょう。

目のマッサージ

スマホ老眼の予防対策として、目のマッサージを行うことも有効です。強く押しすぎないように注意しましょう。

<スマホ老眼の予防マッサージ>

意識的に瞬きをする

スマホやパソコンを使っている時は、平常時に比べて瞬きの回数は半分以下にまで減少するといわれています。「目がかすむ、ぼやける」と感じている人は、意識的に瞬きの回数を増やすように心がけると良いでしょう。

ブルーベリー

目に良い食べ物として有名なブルーベリー等を積極的に摂取するのも良い方法です。ブルーベリーにはポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれており、血流を促進して毛様体筋の緊張をほぐす効果があります。

成分を凝縮したサプリメント等も販売されていますので、試してみるのも良いでしょう。

スマホ老眼で目が疲れる時の予防対策

こまめに目を休める

パソコンやスマートフォンの使用時間が一日4~5時間を超えてくると、目にはかなりの負担がかかってしまいます。使用時間を短くできれば理想ですが、仕事等の関係でそうもいかない人は多いと思います。

そういった場合には、こまめに目を休めることを心がけることが大切です。例えば、「30分画面を見たら5分休憩を入れる」といったルールを設けるだけで、目への負担の蓄積は大きく軽減されます。

また、近くの画面を見ている時には毛様体筋はずっと緊張状態にありますので、休憩時間中は遠くの景色を見るようにして、目をリラックスさせるようにしましょう。

まとめ

今回は、スマホ老眼の症状・原因と予防対策についてご紹介しました。

スマホやパソコンの画面を見続けることによる「目がかすむ・ぼやける」といった症状は、若い時にはすぐに回復するものの、目の老化を確実に進行させていきます。

若いうちから老眼になることのないよう、長時間画面を眺める場合には上述した対策を取り入れる等して、予防を心がけるようにしましょう。