糖尿病網膜症の症状と原因、治療方法 | 目が見えなくなる怖い病気

糖尿病網膜症の症状と原因、治療方法 | 目が見えなくなる怖い病気

糖尿病網膜症の症状と原因、治療方法 | 目が見えなくなる怖い病気

近年、糖尿病の患者数の急増に伴い、糖尿病網膜症も増えてきています。糖尿病網膜症は「腎症」「神経障害」とともに糖尿病の三大合併症の一つとされ、悪化すると目が見えなくなることもある怖い病気です。

今回は、糖尿病網膜症の症状と原因、治療方法についてご紹介します。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病は、過食等の生活習慣の乱れによって起こる「血糖値が慢性的に高くなる病気」です。高血糖状態になると、目の網膜の毛細血管が詰まったり出血したりすることにより、糖尿病網膜症の症状が現れます。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症の主な症状は下記の通りです。

初期段階:単純性網膜症

目の毛細血管から小さく出血したり、シミができることがあります。ほとんどの場合、初期の段階では自覚症状がありません。

中期段階:前増殖網膜症

血流の悪化が進み、出血やシミがさらに増えます。また、目のかすみ等の症状を感じることがあります。

末期段階:増殖網膜症

糖尿病網膜症が進行し、新生血管が破れるなどして視覚障害を起こす重症な段階です。視界に黒っぽい浮遊物が浮かんで見える飛蚊症や、急激な視力低下等の症状が現れ、悪い場合には目が見えなくなるケースもあります。

目が見えなくなる病気 糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症は、初期段階の単純性網膜症から末期の増殖網膜症までの間、10年前後の時間をかけてゆっくりと進行します。最終的に失明に至ることも多く、緑内障に次いで我が国の中途失明原因の第二位の病気となっています。

糖尿病網膜症の原因

糖尿病網膜症の根本的な原因は、血液中の等の濃度が高くなる「高血糖」です。血糖値が高い状態が続くことで血管障害が起こり、網膜に十分な酸素が送られなくなります。すると、酸素不足を補うために新たな血管(新生血管)が生まれますが、新生血管は破れやすく容易に出血を起こすため、重篤な視覚障害の原因となるのです。

近年の糖尿病の増加には、近年の生活習慣の変化も大きく影響しています。高カロリー・高脂質の食事や飲酒、運動不足等の生活習慣が目の病気にも直結していることを意識し、改善に努めることが大切です。

糖尿病網膜症の治療方法

糖尿病網膜症の治療の基本は、糖尿病の治療になります。食事療法や運動療法のほか、必要に応じて薬物療法を行います。

目が見えなくなる病気 糖尿病網膜症の予防・治療方法

ただし、既に糖尿病網膜症が悪化している場合には、血糖値のコントロールの可否に関わらず、症状は進行していきます。硝子体手術やレーザー治療などの方法もありますが、視力が回復できないケースもあるため、日頃からの生活習慣の見直しによる糖尿病の予防が何よりも大切になります。

まとめ

今回は、糖尿病網膜症の症状と原因、治療方法についてご紹介しました。

糖尿病網膜症は目が見えなくなることもある怖い病気です。日々の生活習慣の改善はこうした病気を防ぐだけでなく、目の老化を防ぎ、老眼の症状が現れる年齢を遅らせる効果もあります。普段から過食や運動不足を避け、規則正しい生活習慣を心がけていきましょう。